はじめに

 本事業は,日本学術振興会が「大学や研究機関で「科研費」(KAKENHI)により行われている最先端の研究成果に,小学5・6年生,中学生,高校生の皆さんが,直に見る,聞く,触れることで,科学の面白さを感じてもらうプログラム」として実施している事業です。

◆公開講座のご案内

 太陽光が手にあたると暖かく感じます。どうして暖かくなるんでしょうか。また,電気が流れないものに電気を流したい。さて,どうすればよいでしょうか。不思議と思うこと,何とかしたいと思うことは科学や技術の進歩に不可欠です。今回の実験では,光のエネルギーと電気を流す工夫の二つのテーマについて,皆さんに実験を担当して頂こうと思います。  第1回では人工イクラをつくる技術を活かして光が当たると蛍光を放つイクラを作ります。第2回では無電解メッキの技術を使って葉脈に金属メッキをして電気が流れる葉脈を作ります。こうした実験はまた何に使えるのか一緒に考えてみましょう。
 光るイクラはできるのか,葉脈に電気は流れるのか・・・未来博士を目指して,すべてはチャレンジから始まる!!!

公開講座@の紹介

◆ものつくり化学にチャレンジ!! @光るイクラをつくろう!

終了しました。ご参加の皆さんありがとうございました。

 身の回りには,光が当たると蛍光を放つ物質がたくさんあります。ブラックライトを用いて,身近な蛍光物質を観察してみましょう。また,人工イクラをつくる技術を活かし,蛍光物質を取り込んだ光るイクラづくりにチャレンジしましょう!

開催日:平成30年8月8日(水)
・午前の部 ( 9:00〜12:00)
・午後の部 (13:00〜16:00)
会場:群馬工業高等専門学校 物質工学科 実験室(群馬県 前橋市 鳥羽町 580 番地)
参加費: 無料
募集人数:午前20名・午後20名
応募締切:平成30年7月25日(水)

公開講座Aの紹介

◆ものつくり化学にチャレンジ!! A電気が流れる葉脈をつくろう!

終了しました。ご参加の皆さんありがとうございました。

 ある物質の表面を金属の膜で覆うことを「めっき」と言います。無電解めっき法を用いると,電流を通さない物質をめっきすることができます。 この無電解めっき法をもちいて葉脈などにめっきをして,あなただけのオリジナルのきらきらしおりをつくってみませんか。

開催日:平成30年9月15日(土)
・午前の部 ( 9:00〜12:00)
・午後の部 (13:00〜16:00)
会場:群馬工業高等専門学校 物質工学科 実験室 (群馬県 前橋市 鳥羽町 580 番地)
参加費: 無料
募集人数:午前20名・午後20名
応募締切:平成30年8月31日(金)

受講申込み

◆申込み方法

申込用紙に記入の上,FAXにてお申し込み下さい。
・メールの場合は,以下の必要事項を記載して指定アドレスへお送り下さい。保険加入の都合上,全ての項目にご記入下さい。
 ・ 氏名(フリガナ)
 ・ 受講希望テーマ名
 ・ 受講希望の日時(午前・午後)
 ・ 生年月日
 ・ 年齢
 ・ 性別
 ・ 中学校名と学年
 ・ 現住所
 ・ 緊急連絡先保護者電話等
申込みメールアドレス:deguchi@chem.gunma-ct.ac.jp

なお,登録に際しての個人情報は,本イベント以外の用途には一切使用いたしません。


◆受講費用

受講に必要な教材費および傷害保険料は無料です。

◆問い合わせ

問い合わせはメールにてお願いいたします。
担当:物質工学科 出口
メールアドレス:deguchi@chem.gunma-ct.ac.jp
件名は,「H30ひらめきときめき」として下さい。